忍者ブログ

ゲーム日和

ゲームを攻略プレイ日記。日々の出来事をブログに書いてます

PSVの龍が如く維新で武具の合成

psvの龍が如く維新で武具合成とはいかなるものかを

ちょいとばかりプレイしてみたが、まあ基本は空枠に対して

何かを当てはめるような感じの合成でした。

シンプルなのが一番分かりやすいか。

武具の中には特殊な能力を持ったものが存在します。
武具の説明部分に『能力:』と書かれているものが、その武具固有の能力にあたります。

武具の能力は『印』の形で、他の武具に付与することができます。
印を付与することができる武具には、『空』と書かれた印をはめる枠があります。
枠のある武具をベースとし、能力のある武具を素材とすることで合成を行うことができます。

他の武具に付与できない一部の能力は、付与の際に別の能力に変化します。
【他の武具に付与できない印】
・「炎」「雷」「風」「光」「毒」「錆」「妖」は「属」に変化する。
・「虎」「菊」「氏」「龍」は「得」に変化する。

合成の際の『魂の一打』では、付与される印の色が決定します。
色は、金・銀・銅の順番に効果が高くなります。
能力によっては、金にみしか存在しないものもあります。
その場合、魂の一打は行われません。

坂本龍馬を中心にしてぐるぐる魂の一打が回ってましたが、

リアルの鍛冶屋さんもあんな感じで叩いているのかしら♪

上半身だけ服を着ていないのがミソなのだろうな。

鍛冶屋の武具作成について

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。