忍者ブログ

ゲーム日和

ゲームを攻略プレイ日記。日々の出来事をブログに書いてます

Stunfest2016でストリートファイター5の大会を見る



今日はフランスの方で行われているという格闘ゲームの大会のStunfest2016の動画をしばらく眺めていた。全体的に格闘ゲームのプロの人達は負けてる動画が多かったような気がしたけど、やっぱ今のストリートファイター5の仕様ではプロであっても勝てなくなるところがあるんだな。これまでにスパ4に慣れすぎた面もあるんだと思うけど、刺し合いの勝負だとどちらが有利になるとは言い難い。

動画を眺めるとチェンリー強いなと思ったけど、ヌキがボンちゃんのリュウの負かされていたので、まあ読み合いに制すれば手数の多いチェンリーでも負けるもんなんだな。やっぱリュウは波動拳の性能がいい。チェンリーの鬼のような固めてくる手刀と長いリーチのキックが魅力的で、その上速度の遅い飛び道具を撃てるので、スト5のチェンリーて強いな。

ただ皆使っているキャラが一緒すぎるので、どの動画を眺めても全体的に退屈な印象があるな・・・。チェンリー、キャミー、リュウ、ミカ、ベガ、ケン、ネカリあたりが多いのかな。キャミーは簡単操作でガッツリ体力を減らせれるので割りと人気だろか。カレンあたりもそこそこ強いけど動きが見破られるとあれだな。とはいえチェンリーほどのリーチがある訳でもないので、ある程度は勝負に出ないとダメージを与えれるとは思えない。

ルールで2on2の対戦動画を見たけど、あれって何の意味があるのやら。ただお互いにシングル対決していた感じなので、大会の主旨があまり伝わらないルールだな。先に出場する対戦相手の手の内を見れた状態で、後のプレイヤーが闘う程度のメリットだろうか。

今年の3月には元日本人のプロなんかは契約満了でスポンサードも終了したそうだから、再契約が結べないと財布の中身が大変そうだ。フリーで格闘ゲームを続けるのは難しいし、そのうえ格闘ゲームは今では衰退している一方なので、プロの立場は難しい状況だな。といってもウメハラにおいてはダブル契約をしている状況だし、おいしい人は美味しい立場なんだよな。
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。