忍者ブログ

ゲーム日和

ゲームを攻略プレイ日記。日々の出来事をブログに書いてます

セガの龍が如く極

新しく龍が如くシリーズで発売されるのは、龍が如く極と呼ばれる龍が如く1のリメイクソフトらしい。まあ同時に龍が如く6の発表もセガは行ったので何かと大変そうな印象すら感じますね。毎度龍が如くシリーズの発表には驚かされる部分もありますが、プレイヤーから目線で見れば、熱い龍が如くの気分を忘れる前に新作をプレイできるのは大変嬉しい限りでございます。

今作もPS3とPS4の縦マルチによる販売方法なので、どちらのハードで売れるのかと思うところがある。とはいうのは龍が如く6はPS4専用ソフトとなっているため、そろそろPS4に乗り換えて遊ぶユーザーも増えてきそうだなという印象がございますが、まだまだ日本では乗換率はそう高くはないかもしれませんね。だってスマホゲーが流行っているような国なので、コンシューマーは苦しい状況であることに変わりないといったところでしょうか。

さて龍が如く極は、10年前に発売された龍が如くの初回作を改めて作り直した作品となっています。いつだったか1と2がセットされたHD版が発売されたので、なんだか今更なところもありますが、龍が如く極の完成度というのはまったく新しいゲームといってもいいほどの追加ボリュームになっているのだとか。そこまで言うのであれば買ってみようかなという気にもなってきますが、どれほどの新しい要素が加わっているのか龍が如く公式サイトを軽く見ただけではまだまだ分からない状況ですね。

あ、でも少しづつ情報が投下されると思うので、しばらく待ち状態でしょうか。そのうちキャストも追加されると思うが、新しいキャラクターが登場するのかどうか気になりますね。基本ストーリーはオリジナルに沿ったないようかと思うが、先行プレイ動画を見た限りでは、やや追加された要素が映像で映っていたので、あんな感じでちょこちょこ新シナリオが追加されているものかと思われます。

主人公は今作もやっぱり桐生一馬ですね。さすがに錦山彰が主人公ってことはありえないが、スピオフ作品として見るのであれば有りかと思ったがさすがにないか・・・。
声優の声に関しても改めて取り直して収録したそうなので、とにかく手間暇かかっているのかな。値段も龍が如く6に向けてちょいとお安くしているそうですが、中身がショボイという訳でもないそうです。とりあえず来月末は龍が如く極をガッツリ遊んでそうやの。
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。