忍者ブログ

ゲーム日和

ゲームを攻略プレイ日記。日々の出来事をブログに書いてます

ARMS(アームズ) 攻略



バネのように腕を伸ばせるアームの能力を持つファイターたちが
熱いバトルを繰り広げる任天堂のスイッチソフトのARMS(アームズ)は、
新格闘スポーツゲームだと言えそうです。ルールは実に単純な操作方法で、
直感的にジョイコンを使ってパンチを繰り出せるところにあるボクシングのスタイルのゲームです。
ARMS(アームズ) 攻略

シンプルな格闘ゲームでが、ガードやダッシュ、投げ技といった基本形が用意され、
必殺ラッシュなどを混ぜた一発逆転制のある殴りなどもあり、
そういった駆け引きが熱いゲームであると言えます。
高度というほどでもなく、ライト層にカジュアルの楽しめるゲームといった感じです。

キャラクターの操作はジョイコンを両手にもち、いいね持ちと呼ばれる状態で
ゲームをプレイするのが一般的らしい。この状態で拳を前に突き出せば、
操作キャラクターもパンチを繰り出してくれるので、今の小さいコントローラーも
だいぶ感知力というのは高いものですね。ダッシュやガードなどもジョイコン一つで
操作するような流れとなります。でもプロコンでも操作は可能ですよ。



ARMSグランプリに参戦するファイターは全部で10人いるそうで、
スプリングマン、リボンガール、ニンジャラ、マスターマミー、ミェンミェン、
メカニッカ、DNAマン、キッドコブラ、バイト&バーク、ツインテーラを使える。

登場するファイターらは実にユニークな見た目で、忍者とかスプリング状の髪型の
主人公とか人間とは異なったようなDNAマンなどもいる。
空中ダッシュで身を隠せる俊敏さなど、そういったステータスや能力も個々にあるので、
自分の好みで使うことになりそうです。


アームも30種類公開されるとのことですが、無料アップデートによる追加機能も
あるようなのでしばらくは長く遊ぶゲームとして想定しているのかもしれません。
いずれにしても武器となるアームは、属性と重さを考慮した選び方になると思うし、
ダメージはとりあえず高ければいいといった感じでしょうかね。

キャラクターと左右2種類のアームを自由に組み合わせて、1対1から2対2のルールで
対戦を行うのが基本となってくるこのゲームですが、一応オンラインにも対応しているので
そちらがメインになってくるとは思うんですよね。


ソロでもプレイ可能だが、オンライン対戦だと世界中のプレイヤーと遊んだり、
2対2でチームを組んで協力しあって戦うなどといったゲームモードもあるので、
そこら辺りが通信ゲームの醍醐味となりそうです。
他には公式ツイッターなどでコブッシーなどもいるようだが、
あれはゲームに登場するのだろうか!?

まとめるとファイターはそれぞれ異なる能力を秘めている。
そしてアームと能力の組み合わせによるカスタマイズ的な要素を秘めているのが、
ARMS(アームズ)の攻略ポイントになってきそうです。
どう構築していくかはプレイヤー次第で魅力もだいぶ変わってくるかもしれませんね。

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。