忍者ブログ

ゲーム日和

ゲームを攻略プレイ日記。日々の出来事をブログに書いてます

テイルズオブゼスティリアの導師と天族

導師と天族

天族たちの服の色にも理由があります。

作中でとくに明示される価値観ではありませんが、天族にとって白は高尚なもので、

ライラのように白色を基調とした服をまとった天族は、相応の責任なり使命なりを帯びていることになります。

そのような視点で、出会う天族たちを見てみるのもおもしろいですよ。

白とは対照的な、黒色を基調とした装いなのがデゼルですね。

ザビーダにいたっては上半身裸という出で立ちです(笑)。

デゼルが穢れにとらわれていない秘密や、目を隠すように帽子をかぶっている理由、ザビーダが

憑魔狩りを続けている真意は当然ありますから、物語で深く絡むこのふたりの動向にもぜひ注目してください。

導師は、天族と契約を交わして自らの体を、天族を棲まわす『器』とすることで、

常人を超えた身体能力と、天響術を操る力を得る。

契約には高い霊応力と、なにより穢れなき純真な心をもっていることが条件となる。

導師が天族と契約を結び、その身を器とすることを「輿入れ」と呼ぶ。

契約は天族が『主』、導師が『従』であり、導師側から一方的に契約を断ち切ることはできない。

導師の才能によっては、同時に複数の天族と契約することも可能である。

四属性の天族を揃えるのが理想とされるが、四人の天族を受け入れるほどの資質をもった導師は、

歴史上も滅多に存在しない。

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。