忍者ブログ

ゲーム攻略記

ゲームを攻略プレイ日記。日々の出来事をブログに書いてます。

FF15の体験版にみるシステム

今年のFF零式HD発売からFF15 体験版をプレイすることができるようになったが、一部の地域であるダスカ地方を散策できるものであった。ノクトとその仲間たちが生き生きとしたフィールドでの会話や、バトルにおける連携システムなどは、どこか冒険をしているらしい、いわばファイナルファンタジーのようなものを久しぶりに感じ取ることができるものでありました。

とはいえ製品版は今年発売することはないんでしょうな。よくても2016年あたりかと予想していますが、FF15はヴェルサスの時代から作られしゲームなので、かれこれ10年近くは制作してるんじゃね?といえるほど長いものである。ある意味、FF史上でもっとも時間と金をかけてそうなゲームソフトですね。どのくらいの規模になるものなのか気になるところです。それまでの間ではディレクターが野村さんから田畑さんへとバトンが渡されることになったぐらい制作期間が長かったので、スクエニの気合を感じとれそうなソフトといったところか。

体験版ではひと通りのシステムに触れることができた。エピソード・ダスカVer.2.0ではカトブレパスと戦ったり、2人行動クエスト、ドッジロールなどが追加されたので、初期バージョンに加えてより洗練したようなシステム間を感じ取れました。パッチはいつまで配信しつづけるのか不明だが、こんな感じでアップデートを行って製品版に向けてアクション面やシステムを改善していくつもりなのかもしれない。それならまた感想を投稿できるようにしておくれと思うばかりであるが、壁紙3種類を全部コンプしたいものですね。

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

リンク